古銭買取相場.com|徹底分析!高額買取業者 厳選ランキング TOP他人と差が付く >高価買取品目

驚くほど高額な値段で買取られる古銭

買取前には財布の中を確認したくなる

古銭の中には高価買取品目がいくつかあります。一般的によく知られているのがエラーコインではないでしょうか。五円玉や五十円玉の中心に開いているはずの穴がずれているものは珍しいとして、古銭コレクターの間でも人気があります。正しい価値を知ってか知らずか、オークションでは数百万円の値打ちがつくエラーコインもあるぐらいです。


高価買取品目として分類されるのは古金銀、小判、和同開珎、近代銭、ゾロ目などです。古金銀の中でも例えば円歩金は100万~150万円が相場として取引されています。額一分判金や佐渡一分判金なども百数十万という買取査定額が提示されます。


小判は昔のお金ということもあり価値が高くなります。ほとんどが百数十万の値がつくようです。近代金貨の場合は明治から昭和初期にかけて発行されたお金の中に高額な値段がつくものがあります。昭和で言うと昭和5年発行の新5円金貨は100万~150万円の値がつくようです。


これはほんの一部ですが、高額買取品目はまだまだ沢山あります。記念硬貨なども今は発行されていないものであれば高額買取になる可能性も大きいようです。それらの価値はすべて古銭買取業者の査定員に正しく査定してもらうことで本当の価値がわかることでしょう。