古銭買取相場.com|徹底分析!高額買取業者 厳選ランキング TOP素朴な疑問 >買取種類

価値のある古銭の種類はどういうものなのか

本当の価値は買取業者に査定してもらおう

古銭の買取に関する情報を調べてみると、買取種類によってその価値が大きく違うようです。例えば一般的に広く知られていることでいうと、紙幣のデザインが変わったことで古い紙幣が価値のあるものという認識が生まれます。しかし、デザインが変わって間もないころは、それほど価値が高くはありません。


価値のあるものを見ると、例えば天皇陛下御即位記念10万円金貨。記念硬貨というのは相場の変動が大きいのですが、プレミア価格で取引されることが多い種類として知られています。また、時代劇などで見るようなふるいタイプの古銭も高額な値段で取引されています。遺品を整理したら古銭が出てきたけれど、どう処分したらいいのか分からないという場合は、買取業者に査定を依頼するといいでしょう。


金貨も高額取引されています。記念金貨、記念硬貨、記念メダルなども買取種類の中に該当していますが、小判などは歴史的価値もあるので古銭の価値が分かる査定員がいる業者を選んで査定に出すことをお勧めします。


価値のある古銭かどうか、例えば昭和何年の何円は発行部数が少ないので価値があるという噂もありますが、相場の変動により今ではあまり価値のない古銭に分類されるようです。